スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨日のシュークリーム

リボンの加工の仕方が分からず悩んでいたところ、お友達の水玉バンビ*のんさんが

丁寧にやり方を教えて下さいました。(のんさん、本当にありがとうございました!!!)

それを元に、ちょっと頑張ってみましたw
進化したシュー
どうでしょうか??

シューとリボンを金具でくっつけ、パールビーズのチェーンも一緒につけてストラップにしました!

さらに、昨日初めて軽量樹脂粘土のHeartyを使って作ってみました。

シュークリームやアイス、マカロンなど今までの作品たちは皆普通の紙粘土です。

いつもの紙粘土に比べ、若干硬いような気がしましたが、これが"普通"なんだな~・・・と実感。笑

こんな感じです。
ワッフルソフト

大きさはこんな感じ
大きさ

ワッフルのところに樹脂粘土使用です。

中のクリームはシリコン製。

~これに必要な材料~
・おゆまる(型をとるため。あったほうが便利だし、繰り返し使えるのでお得です^^)*100円
・樹脂粘土(Hearty使用←まるめるので、普通の紙粘土は不向きだと・・・)*50g260円くらい
・シリコン*300~円くらい??色々ですね;
・ソース(なくてもOK)苺は赤、チョコはグルーか茶色のガラス絵の具*100円
・ニス*100円でもありましたが、大工用みたいです;
・ストラップにするなら、金具(9ピン・丸カンなど)*100円


今回、リボンの加工を教えてくださった、のんさんのブログはこちら。
水玉バンビ*のんさん→http://mizutamabanbi.blog21.fc2.com/

作り方は↓にあります(^ω^)   ランキング参加しています!わんぽちお願いします★"
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ

①おゆまるを使って型をつくる
お湯に入れて柔らかくなったら、薄く伸ばし定規で格子状に跡をつける
(硬くなっちゃったら、もう1度お湯の中へ)
*コーンの模様になります。

②樹脂粘土を着色
黄色1:茶色1で混ぜ合わせ、黄土色(コーンの色)にする
*コーンのカラーを想像するといいかも

③おゆまるにオイルを塗る
うすく塗らないとべたべたになっちゃいます^^;
*粘土をはがしやすくするためです

④樹脂粘土を丸めてボール状にし、おゆまるの型の上から定規でつぶす
コーンのワッフル型がつきます。
*丸いそのままの形だとワッフル形、あとで切るとアイス形になります

⑤そっとはがし、円錐形にする
あまり模様をつぶさないように・・・
*アイスなどのコーンをイメージしながら^^;

⑥焼き色をつける
黄色1:茶色1で、うすーく焼き色をつける(私も下手なので、あまり説明できませんが)
*少しこげたコーンになるかも(笑

⑦乾燥させたらニスを塗り、シリコン投入
完全に乾かしたらニスを塗り、シリコンを絞る。
イチゴのソフトだったら赤のガラス絵の具、チョコだったら茶色のガラス絵の具やグルーを、
シリコンの筋(?)にそってかけるとそれっぽい
*ソフトクリーム!!

(⑧金具をつける)
ストラップに加工したい人のみやって下さい^^
9ピンに丸カンをつなげておき、それから好きなところに差し込んでください。
ボンドなどで固定するのをおすすめします。
シリコンの部分に金具をさす場合、シリコン投入後すぐに入れてくださいね!

長くなりましたが、シリコン投入後さらに乾燥させると丈夫になりますb

・・・写真もなく、わかりづらい説明でごめんなさい;
質問ありましたら、答えられる範囲でお答えします!
[ 2008/11/24 09:51 ] スイーツデコ(粘土細工) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://scotchegg2.blog92.fc2.com/tb.php/9-ee43f72d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。